メキシコ・オアハカ観光旅行 もっとメキシコを知れる!【駐在妻ブログ】

メキシコ

夏休みに家族でメキシコのオアハカに旅行に行ってきました。
オアハカってどこですか?
はい、ココです↓

オアハカとは、メキシコで一番メキシコを感じられる場所と言われています。

メキシコ郷土料理がおいしい、治安がいい、街歩きが楽しい、女子のお買い物にはサイコー

と、周りから色々話は聞いていたのですが、今回実際行ってみた感想を記事に書いてみました。

本記事の内容

・オアハカの観光ツアー【コロナ中で行ってきたところ】
・番外編【残念だったこと】
・まとめ

オアハカの観光スポット(コロナバージョン)

今回私たち家族が行ったツアーはコチラです。

観光プライベートツアー内容 ※集合場所は宿泊先のホテル
【1日目】朝9時から18時半まで
  • モンテアルバン(世界遺跡)
  • タペテの村
  • メスカル工場
  • トゥーレの木
【2日目】10時から14時まで
  • アレブリヘス工房見学
  • バロネグロ(黒い陶器)の工房見学

※利用したツアー会社はコチラ
⇒ 4seasons tours&travel (oaxaca_tours@hotmail.com)

モンテアルバン遺跡(世界遺跡) 

モンテアルバンは、メソアメリカの最も初期の都市の1つであることに加えて、卓越したサポテカ社会政治経済の中心地として1000年近く重要でした。

Wikipedia

今はコロナのため入場制限を設けています
10時からオープンなので、9時半には現地に到着し入場の列に車で並びます。
私たちは月曜の平日にもかかわらず1時間半並びました…

お子さんがいる方は、何か暇つぶしになるものがあるといいですね。
うちの子供たちはゲームとiPadを持参していたので何とか持ちました汗。

駐車場から入口まで少し歩きます
めちゃ広いです
「踊る人」と名づけられている石彫類
しかし捕虜を表すと見られている

唯一のぼれるピラミッドスポットがあります。
頂上からの景色は絶景です!

遺跡の滞在時間は2時間ほどです。
入場規制で1時間半車で並んだためすでに時間は13時半。

出口に売店があります。
これからのツアーに備えて、チップスとジュースを買いだめ。

テオティトランデルバジェ(オアハカ絨毯の村)

オアハカの絨毯はとてもきれいな柄(ミトラ遺跡の模様が描かれているものが多いです)で、
しかもすべて手作業。
色付けも自然のものを使って、手間暇かけて作られています。

色落ちや、絨毯の上に重いものを乗せてもくぼみの心配がないようです。
素晴らしい絨毯ですね!

糸にしていく過程から、色付けの仕方の説明

↑説明してくれているお姉さんの手が持っているのはサボテン。
そこにくっ付いている白い虫?を潰すと、なんと!赤くなるんです!
それを糸の色付けにしているようです。すべてが天然素材。

植物の色を使って毛に色を入れていきます
編み機で体験もさせてもらいました
こんな小さなお姉さんも編めるなんてすごい!

メスカル工場

メスカル(Mezcal)は、リュウゼツランを主原料とするメキシコ特産蒸留酒の総称です。

自家酒造の製法

成長したリュウゼツランの基部を採取し、穴の中で焼石を使って蒸し焼きにし香りをつける。2日後に掘り出し、木の容器に入れて叩き潰し発酵槽に層状に詰めて水をかけ、砂糖やスターターを入れ発酵を促す。発酵は4日から7日くらいで終わる。それを蒸留器で蒸留し、水で度数を調整する。4 – 5年寝かせると良質なメスカルとなるが、寝かせることもなく飲まれる事も多い[2]

Wikipediaより引用

リュウゼツランの甘いにおいのせいか虫がたくさん飛んでいます。
私はメスカルはあまり好きではなかったですが、メキシコのジューシーなオレンジと一緒に飲むととても美味しかったです。

しかし、アルコール強い…

やっと、メスカル工場で昼食です。しかし、時間はすでに16時。もはやランチの時間じゃない(笑)。
メキシコの軽食が取れます。ツアー代には入ってないのでお気を付けて!

トゥーレの木

トゥーレの木は世界中の木を圧倒する樹幹を持ち、ギネスブックでは世界で最も太い木と認定され[1]、30人が腕を広げて手を繋がないと幹を取り囲むことができないほどである[2]。2001年にはユネスコ世界遺産の暫定リストに登録された。

Wikipediaより引用

楽しみだった観光の一つ・・・しかし、コロナのため木の周りにシートが張られ・・・
見れなーーーい‼

シートの下からカメラを入れ何とか撮影

生で見れば、たくさんの神様がこの木に宿っている!って感じれるぐらいの圧倒的存在感です。
写真じゃ伝わらないので是非、本物を生で見てほしいです!

かわいい街並みなのに…閑散

トゥーレの木のある街並みもとてもかわいいです!
しかし、コロナのためにロープで入れなくなっていました・・・

アレブリヘ工房 メキシコの木彫り

フクロウと襟巻トカゲ 柄が細かい~

一つの木から形を作っていきます。

マスター達 ひたすら色付け

工房には色付けマスターたちがたくさんいます。人里離れた山奥でこんなに細かい色付けと柄を書き込んでいます…

私だったら20分で脱走します。。

柄の一つ一つに意味が 太陽・風・水・・・

アレブリヘの模様、それは一つ一つに意味があり、職人の方が手作業で
気の遠くなる作業をずっとしています。

一連の作業を見れば、アレブリヘのお値段も納得です。
写真の象のアレブリヘは20,000ペソ(110,000円‼)ワォ!
露店販売のアレブリヘとの違いも分かってきますよ。

更に高価なアレブリヘだと、一生保証が付きます。
購入者の過失でないのに、しっぽが取れたとかなどはいつでも無料でお直ししてくれるそうです。

バロネグロ(黒い陶器)工房

特殊な岩を高温で熱すると黒くなるようです。

説明雑っ(笑) 


種類は光沢系とマット系があります。
置物だったり、花瓶(飾りの穴が開いているので造花の花瓶用)だったりいろいろなデザインの陶器があります。

アレブリヘ工房から車で20分ほどの距離で近くにありました。(工房写真撮り忘れ…)

工房というより、一般家庭の敷地にある販売所に連れて行ってもらいました。

【番外編】残念だったこと・・・

コロナ中ということもあり、いくつかの観光スポットに行けませんでした…

私が中でも楽しみにしていたコチラの場所

1.イエルバデルアグア 現在観光客の入場NG

Wikipediaより写真引用 Hierve el Agua   

滝のように見える白い岩層に近い、下の谷から50~90メートルの間に立ち上がる2つの岩棚または崖から成る。

Wikipediaより引用

2.ミトラ遺跡 時間変更有

Wikipediaより写真引用 mitla

ミトラは、メキシコオアハカ州オアハカ市の南東40km、タラコルラ(Tlacolula)河谷にある後古典期サポテカ文化の遺跡。

Wikipediaより引用

【ミトラ遺跡】
月~水はクローズ
日は午前11時にクローズ
  (2021.7月現在)

ミトラ遺跡は私たちの日程的に無理でした…
ということで、行きたかった2つの観光がNGとなっていました…

3.トゥーレの木

トゥーレの木にもシートが張ってあり、全体像を見ることはできませんでした…

シートあっても全体見えます!ご安心を!

↑写真じゃ偉大さが全然わからなーーーーい泣 しかも指が入ってるー

まとめ・感想

メキシコを一番感じられるメキシコ:オアハカ

オアハカを手っ取り早く簡単に知るにはツアーがとても楽でいいと思います。

拘束時間は行く場所にもよりますが、朝から夕方までガッツリ堪能です。
ツアー代はそれほど高くなく、しかも手軽に観光地を網羅することが出来ます。

メキシコの伝統織物や木彫りを知ることが出来、とても満足です!

メキシコシティから飛行機で1時間弱で行くことが出来、
更に私たちの泊まったホテルは空港から20分ほどの場所で、思っていたより
簡単にオアハカに着くことが出来ました♪

メキシコをもっと知りたい方!雑貨は興味のない男性の方!
オアハカは雑貨だけではありません‼ 滞在日数そんなに多くなくても充分楽しめる街です!

オアハカは、治安も良く夕方からも(むしろこの時間帯に人が多い)全然楽しめます。
街ブラのブレイクにおいしいコーヒーも飲むことが出来るし♪

私の子供たちは普段道を歩いていないので、オアハカで楽しかったことは?を聞いたら

子供
子供

「街を探検したことが楽しかった」

と言っていました。子供も楽しめる街です。

オアハカのレストラン・街ブラ記事はコチラです
メキシコ・オアハカ 街ブラ in コロナ渦中【駐在妻ブログ】 | satomiベリーエクササイズ (satomibelly.com)

ツアー追加情報

追加情報

ツアー会社からはたくさんのツアーコースがあります。

私が今回利用したのはプライベートツアー(4seasons tour)
※コロナ期間ということで一台の車に運転手兼ガイドさん(英語可)で行ってきました。

料金:1時間350ペソ(最低利用時間4時間から)
車一台につきの値段なので大所帯グループには団体ツアーよりもいいかもしれません。

更に、街の中心街にはたくさんのツアー会社の呼子が歩き回っており、
外国人を見かけるとすぐに声をかけてきます。(5分に1回ほど 多っ)

なので、ツアー探しには困らないのではないでしょうか。
大人1人200~300ペソ(1日)だったと思います。(※もちろん場所や内容にもよりますが)

将来オアハカに旅行に行きたいなぁという方の参考になれば幸いです♪
最後まで読んでくださってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました